進学講習について【平成29年度 実施案】

本校では0限や放課後の時間を用いて進学講習を実施しています。学習の基礎はもちろん通常の「授業」でありますが,生徒の目標や現状に合わせて様々な講習やプログラムを準備しています。本校では‘主体的に放課後の活動を選択する’としており,それぞれのコースの生徒(Ⅲコース以外)はクラブ活動や進学講習,自習教室など一人ひとりが活動を選択しています。

※生徒の現状や学力に応じて,講習の内容は随時変更します。また、準備されたプログラムは希望者で行われています。

進学講習について

◆全学年・全コース共通

・面談の定期的開催  二者面談などを定期的に開催して,生徒の学習やクラブ活動,家庭での様子の把握に努めている。進路実現に向けた具体的なアドバイスを行うように取り組んでいる。

◆Ⅰコース

①放課後講習(3学年では0時限の時間にも講習を実施)
・1学年  担任制を導入して学習状況や成績面のチェックを定期的に行う。 各教科で発展・標準クラスを導入してきめ細かな指導を徹底する。

放課後講習

・2学年  主要3教科の完成を目指して,模試を意識しながら学習を行う。

2学年

・3学年  入試本番に備えて,0限や放課後の時間を有効的に活用する。※3学年では0限の通常授業はなし。
0限の時間を用いて,各教科のセンター試験に向けた演習を行う。講習に参加しない生徒は原則,自学習に参加している。

3学年

 放課後の時間には「校内塾」を開講して教科の分野ごとに各自で演習を行い,わからない箇所は質問をする形式を取っている。模試を定期的に受験して,結果をもとに担当教員と面談を行い到達度の確認を行い,課題へとつなげている。

校内塾

◆Ⅱコース発展・Ⅱコース標準

・1学年&2学年  ①模試対策講座 ※不定期で開催。模試は7月,11月,1月に開催される。
 模擬試験に向けた勉強方法のアドバイスや各教科(国語,数学,英語)の考え方について,過去問題などの演習・解説を通して習得する。大学入試対策を含めて広い視野をもって学習することを心がける機会とする。

 ②学習支援クラウドサービス「Classi」の活用
 本校でも実施しているスタディサポートの成績に基づいて課題が配信される「学習マップ」や、生徒が自主的に自分の苦手分野や学力レベルに応じて問題に取り組むことが可能な「Webドリル」などの機能を備えている。部活動など取り組んでおり,講習などに参加できない生徒が自分の空いた時間でパソコンやスマートフォンを活用して学習できる。

・3学年 ①短期講座(基礎の徹底) ※1学期のみ
各科目におけるセンター試験での基礎を徹底させるために0限の時間を用いて月曜日~金曜日の5日間で短期講座を実施。

短期講座

②放課後講座 ※2学期
レベルや分野ごとに生徒の実態に合わせて講座を設定する。

(C) 2017 The Second High School, Tokyo University of Agriculture.