研修旅行②【シンガポール・先発組】の様子

◆1日目 11月18日(月)
 成田空港から空路にて、無事シンガポールのチャンギ国際空港に到着しました。
 初めての海外という生徒も多い中、6時間超のフライトにさっそく疲れた様子でした。しかし、シンガポールに着くと日本とは違う雰囲気に興奮した様子でした。

◆2日目 11月19日(火)
 午前のコース別研修では、シンガポールの名所や博物館などを巡り、与えられた課題に英語で答えるために熱心に取り組んでいました。
 午後のB&Sプログラムでは、現地の大学生と英語でコミュニケーションをとりながら、各班ごとに希望する場所へと地下鉄などを用いて向かいました。午後はあいにくの雨に降られてしまいましたが、幸いマーライオン公園での記念撮影の際には天気が回復しました。

◆3日目 11月20日(水)
 今日はマレーシアへと渡り、現地の学校(SMK Dato Usman Awang)との学校交流を行いました。陸路で国境を渡るという日本では体験できない経験、地理的には近くともシンガポールとは大きく異なる文化など、多くのことを学ぶことができました。
 学校交流では先方からは Petronas Twin Towers の模型の贈呈とダンスの披露、本校からはフラッグの贈呈と合唱披露を行いました。その後は生徒同士での交流となり、マレーシア伝統のチョンカやセパタクローといったゲームやスポーツに興じました。
 その後は蝋結(バティック)染めを体験した後、再度シンガポールへと戻り、Night Safari で夜間の野生動物の生態について学びました。

◆4日目 11月21日(木)
 今日はセントーサ島へと渡り、Universal Studio Singapore や SEA Aquarium での自由行動でした。午後はまた雨になってしまいましたが、生徒たちにとっては天気も疲れも関係ない様子で、シンガポールでの最終日を満喫していました。
 最後に Marina Bay Sands の Sands SkyPark からシンガポールの夜景に別れを告げて、再びチャンギ国際空港から帰途に就きました。

(C) 2017 The Second High School, Tokyo University of Agriculture.